フィットネス

バーウィング製のルームランナーの評判について購入者が詳しく紹介

クック
家庭用で結構走れるルームランナーが欲しいけど、どれを選んで良いかわからない。

 

高いものは20万円くらいするしどうしたら...安めのバーウィングってメーカーはどうなんだろう?
リリー

 

本記事でこのような疑問にお答えしています!

・バーウィングはルームランナーとして結構走れる?

・バーウィングとお高めルームランナーとの違いは?

 

私はバーウィングの準業務用のモデルを購入して、妻と一緒に使っています!

 

良いルームランナーを使うことで、運動のモチベーションの維持にもつながりますよー!

どんな感じで届くのか知りたい方は次の記事で紹介してます!

>>【バーウィングbw-srm20】ルームランナー購入前の注意点

 

バーウィングは家庭用ルームランナーとしての評判

安心できる使い心地と、家計に優しいコスパの良さがありました。

 

バーウィング製ルームランナーの使用感

ルームランナー

 

静音性と走りやすい走行面の2点から使いやすいと感じました!

 

バーウィング製ルームランナーの静音性

静音性

まず静音性が良かったのが一番でした。隣の部屋でガンガン走っていても、気にならずドラマが見れるくらい静かでした。

 

ちょうど真上の部屋に子どもが寝ているんですが、今のところ起きたことないです。

 

とはいえ、いくら静かと言えど同じ部屋だと音は大きいかもしれません。ちなみにダイソンの掃除機より静かですよ!

 

バーウィング製ルームランナーの走行面

bw-srm走行面

私が購入したbw-srm20というモデルは長さ1400mm幅510mmの広さです。

 

クック
広ければ広いほど走りやすい!

 

走っていると疲労が溜まりフラつく時がありますよね。よろけてしまったときに走行面が狭いと、踏み外しなど怪我につながる可能性が高いです。

 

※ヨーロッパには走行面は長さ1200mm以上で幅が400mm以上でないといけない製品安全規格があります。

 

バーウィング製ルームランナーの価格

コスパ

バーウィング製品はとにかくコスパが良いの一言です。性能に対して価格が周りと比べてとてもお得です。

 

・99分の連続使用が可能でモーターが熱くなりにくい

・走行面はヨーロッパの製品安全基準をクリアして走りやすい(長さ1200mm以上×幅400mm以上)

・スピードは最高16km/hで走行可能

ここまでの機能を備えたルームランナーでバーウィングの価格帯より安いルームランナーは他にはいないでしょう。

 

バーウィングのコスパの良さ

私が購入したbw-srm20はシリーズの中では最高ランクで、1400mm×510mmの走行面の広さでありながら、99800円という価格設定です。(2021年8月現在:在宅増加で人気すぎたせいなのかメーカーが販売停止してます。買いたかった人残念...)

 

バーウィングがいかにコスパが良いか、ぜひ下のbw-srm20と同じ条件で同価格のルームランナーを探してみてください。

 

「0.8km〜20kmまで速度が出る+走行面は140cm×50cm以上+電動角度調整15段階」と同等スペックのものを他社で探してみてください。ほぼ20万円を超えています。

 

バーウィング製ルームランナーの評判と比較

ジョンソンヘルステック

実はバーウィングのほかに、ジョンソンヘルステック製のルームランナーとかなり迷いました。

 

参考になると思いますので、バーウィングと比較しながら紹介します。

 

バーウィングの不足点

ルームランナー

 

「出張修理が無い」この一点がバーウィングの安さの秘密であり、欠点でありといったところでしょう。

 

とはいえ出張修理が無いだけで、部品の手配や修理自体は丁寧に受付してくれますので、そのあたりは安心です。

 

クック
でもやっぱり、保証は・・・

 

どうしても出張修理など保証面が心配な方は、ジョンソンヘルステックの8.1tが速度面、走行面、保証面において最強だと思います。お金に余裕があればこちらを購入してました!


 

しかしジョンソン製品は家庭用だけどちょっと高いのが残念。あとせめて5万円安ければ・・・

バーウィングbw-srm20と同等クラスだと、ジョンソンヘルステック製のホライズンです。


 

 

 

ルームランナーの選び方【BARWING】

 

ここからは私がルームランナーを探す上で、外せなかったポイントを紹介します。

 

ベルト幅は必ず確認

ルームランナー

ベルト幅は走行面のことですが、12km以上の速度で走るには、安全面も含めて最低でも長さ1200mm以上×幅400mm以上が必要と言われています。

 

速度と連続使用時間の確認

 

速度は0.8〜16kmか20kmになっているか確認が必要です。中級クラスのルームランナーには12kmまでしか出ないモデルもあります。

 

20kmまで速度が上がるルームランナーであれば、16kmで走り続けてもかなり安定して走れました。

 

連続使用時間についてもよく確認しましょう。99分連続使用OKの表記が無いものは、モーターが小さくパワーが弱いです。

(つまり高速で走ると、音がうるさいしモーターの負荷がえぐい)

 

ちなみに連続使用時間が決められているのは、モーターの熱が溜まりすぎないようにするためです。ジムにある100万円する業務用はこのモーターがずば抜けて性能がいいので、不特定多数の連続仕様に耐えられます。

 

メーカーからは99分使用したら99分休ませるように説明されています。

電動角度調整は必須

角度調整

私のお気に入りの走り方で、ヒルクライムというプログラムがあります。こちらのプログラムは山登りをイメージしたプログラムで、平坦な道から角度のある坂道を走らされます。30分のプログラムですが、めちゃめちゃ気持ちよく走れます

 

飽きずに走るためには、電動角度調整が必須です。手動調整はこんな感じでめんどくさい!

手動切り替え

 

傾斜角度のオススメモデル

bw-srm16L

電動角度調整可能

>>bw-srm16Lを楽天で見る

 

bw-srm16/S

手動三段階角度調整

>>bw-srm16Sを楽天で見る

>>bw-srm16を楽天で見る

 

bw-cloud1

角度調整機能無し

>>bw-cloud1を楽天で見る

 

ルームランナーに感じたメリット

ルームランナー

 

ルームランナーが欲しくなったのは、小さい子どもがいて、思うように外に行けないからです。

 

ダイエットのためであれば、それなりの時間と距離を走らなければいけません。正直子育てしていると、子供と離れられる時間なんてありませんよね。

 

ルームランナーのメリットとして

・家にいて出来る

・雨でも出来る

・花粉とか気にならない

・汗だくな姿を見せなくて済む

・疲れたらすぐ辞められる

・映画見ながら走れる

・平地を走るより高負荷をかけられるから、効率よくカロリーを消費できる。

 

めちゃめちゃ費用対効果が良いなと感じました。そのため購入に至ったわけです。

ちなみに購入して設置した時の記録もブログに書いています

>>【バーウィングbw-srm20】ルームランナー購入前の注意点

 

以上、バーウィングはコスパ最強というお話でした。参考になると嬉しいです。

 

自分に合ったルームランナーは見つかった?

bw-cloud1

幅450mm×長さ1220mm ※ベルト幅は広いですが傾斜角度が変わりませんので注意

>>bw-cloud1を楽天で見る

bw-srm16S・bw-srm16L

幅415mm×1230mm

>>bw-srm16Sを楽天で見る

>>bw-srm16Lを楽天で見る

bw-srm16

幅410mm×長さ1200mm

>>bw-srm16を楽天で見る

  • この記事を書いた人

くりと

「くりと」です! 普段はインスタグラムで「植物のある暮らしのお手伝い」をしています。下記のインスタグラムアイコンから、プロフィールページを開けます!

-フィットネス
-